沖縄リフォームセンター Reform Company

沖縄でリフォームといえば、沖縄リフォームセンター

沖縄リフォーム
  • 無料相談
  • 当社取り扱いメーカー一覧
  • リフォームの知って得する3つのポイント
  • 無料相談
  • 当社取り扱いメーカー一覧
  • リフォームの知って得する3つのポイント

沖縄で洗面所のリフォーム。基礎知識のご紹介。

      2015/12/28

洗面所

どうも、こんにちは!!

これから沖縄で洗面所のリフォームをお考えの方の参考になるよう、

洗面所の基礎知識をまとめました。

洗面所のタイプを考える

専門タイプの洗面所

洗面所とその他の空間が完全に分かれているタイプです。アパートなどでは、トイレや浴室が洗面所と同じスペースに一体で配置されている場合もありますが完全独立型の洗面所タイプでは完全にトイレと浴室が分離しています。

兼用(多目的)型の洗面所

洗面所と浴室が一体となっており、トイレは分離しているタイプをいいます。

また、洗面所とトイレが一緒で、浴室だけが完全に独立しているタイプもあります。

洗面所がトイレや浴室のどちらかと一体となったスペースを確保しているタイプがこの 兼用(多目的)型の洗面所 です。洗面所を浴室の近くに配置して脱衣所として利用するケースもあります。

洗面所の広さを把握する

0,75坪タイプの洗面所

約120cm×約165cm

洗濯機を配置して残りのスペースを洗面化粧台で使うと収納スペースが少ない。

収納スペースを用意して場所を有効活用する必要がある。洗面所のスペースが狭い分、どの機能をつけて空間を有効利用するか、リフォーム会社の腕の見せ所です。

1坪タイプの洗面所

約165cm×約165cm

1坪タイプの洗面所はスペースを広く活用することができます。

ただし、0,75坪タイプと比較して費用がかかります。

1坪タイプの広さがあれば椅子などをおくスペースも確保できますし、高齢の方でも安心して利用できる広さでしょう。

1,25坪以上タイプの洗面所

このタイプの洗面所はスペースがかなり確保できます。このくらいの広さであれば、洗面所とともにトイレも設置できます。洗面所が広いと高齢の方も利用しやすいですし、2世帯住宅で洗面所を共通で利用する場合は、1,5坪タイプの広さはおすすめです。リフォームでバリアフリーの機能も洗面所に備え付けるとなお良いでしょう。

1坪タイプと同じようにこちらも費用がかかります。

洗面所あれこれ

洗面所の照明

洗面所には、くもり止めの鏡を設置して、照明も自然光に近いタイプのものを設置するとよいでしょう。女性の方は化粧を行うときに、照明をうまく活用できている洗面所があると気持ち良い生活がおくれて洗面所に満足度を感じるでしょう。

コンセントの数

ドライヤーを活用したり、ちょっとした物の充電や、髭剃りのコンセントなど意外と洗面所でコンセントが必要になるケースは多いです。そのため、最低限の量のコンセントを確保するようにしましょう。洗面所をリフォームした時に、そういえばコンセントつけるのを忘れてしまったとならないように最初でチェックしておきましょう。

洗面所の収納スペース

洗面所では収納スペースがものすごく重要になりますね。洗面所の広さにもよりますが、狭い洗面所である場合は特に、収納スペースをうまく活用することが大事になってきます。女性の方が化粧などでパウダールームとして洗面所を利用するときも手に取りやすい場所に化粧品を収納していることが洗面所の使い勝手の良さにつながりますね。

洗面所では、歯を磨いたり、顔を洗ったり、ひげを剃ったりする場所ですので、その行動に伴う備品も収納しないといけません。髪を乾かす時にもドライヤーを使ったり、保湿剤やシェービングクリーム、ワックスやムース等上げるとキリがないほどの物を洗面所では利用します。そのため、しっかりとした収納場所を確保する用に設計して洗面所のリフォームを行うことは重要です。

洗面所の床

脱衣所として利用する際、お風呂上がりの水で床が濡れてしまいます。床が長い間濡れて湿っている状態いると当然カビが発生してしまいます。そのため、洗面所のリフォームを行うときに、床のフローリングをカビ等に強い素材を利用するとよいでしょう。

風呂あがりで脱衣所を利用しているということは、当然冬などは寒いですね。冬でもお風呂上りに快適に過ごせるように暖房機能を備えるのも良いアイデアですね。リフォームの素材によっては、温度を調整しながらかつ消臭や防カビ対策を兼ねている素材もあるともいますので、気になる方は沖縄リフォームセンターのアドバイザーにご相談ください。

洗濯機置き場

洗面所と洗濯機置き場を同じスペースで活用している家庭は多いと思います。

洗濯機を洗面所に置き、お風呂前に直ぐに洗濯機に入れて準備ができると大変便利ですね。そんな洗濯機置場ですが、洗面所のスペースをかなりの幅でとってしまいます。

そのため、洗濯機置き場の広さを最初で把握しておいて洗面所がどのくらいのスペース利用できるか計算しておきましょう。洗面所の収納スペースをちゃんと確保しても洗濯置き場が置けるくらいのスペースは最低でも確保したいものです。

その他機能スペース

1,25坪以上のタイプの洗面所は、スペースがかなり確保できます。洗面所が広いタイプであれば、お風呂上りに座ってゆったり出来るベンチを設けたり、汚れ物をおけるかごを配置したろ、洗濯直後にアイロンなど家事ができるスペースとして利用してもよいでしょう。冷蔵庫を置いて、お風呂あがりにお酒も楽しむのも良いですね。

洗面台を選ぶポイント

洗面台:オーダーメイドタイプ

オーダーメイドタイプは、施工主の希望の洗面所を設計者がいちから作るタイプの洗面所です。洗面台の高さ・収納スペースの機能・シンクのタイプ・洗面鏡などすべての機能をカスタマイズしてつくりあげます。そのため、オーダーメイドタイプは、費用が他のタイプと比較して割高になる傾向にあります。

洗面台:システムタイプ

システムキッチンと同じように、システムタイプの洗面台は、各メーカーの洗面台に使う素材(カウンター・洗面ボウル・扉材・水栓金具・収納)を組み合わせて作るタイプの洗面台の事をいいます。このタイプは、各メーカーの素材をリフォーム現場で組み立てる商品ですので、ショールームで見学してイメージをつかむとよいでしょう。

洗面台:ユニットタイプ

ユニットタイプの洗面台は、すでに商品の型が決まっており、収納キャビネット・鏡・照明・洗面器具が一式セットになっているタイプの事をいいます。このタイプは、洗面台を組み立てて作るタイプと比較して料金も手頃で人気があります。洗面台に特にこだわりがないスタンダードな商品を使いたいとお思いの方はこのタイプの洗面台でよいとおもいます。

洗面台の鏡

洗面台に必要な鏡から。鏡のタイプには、1面鏡と3面鏡があります。

1面鏡は、デザインがシンプルでスタンダードの洗面台の鏡タイプがこちらです。

3面鏡を用いると、顔全体が把握できるため便利です。髪型の横の部分が気になる場合でもバッチリです。お化粧の確認を入念に行いたい方にも便利です。

洗面台のフロアキャビネット

収納を有効利用したい方は、洗面台のフロアキャビネットを上手に利用するとよいでしょう。フロアキャビネットが広々としていて充実した機能を提供しているリフォームメーカーの商品もありますので気になる方は、チェックしてみてください。

洗面台の高さ

洗面台の標準的な高さは、75cm-90cmほどと言われています。ただ、身長が高い方が利用すると洗面台が低く感じて使い勝手が悪い場合もありますので、リフォーム会社のショールームでしっかりと商品を確認して決めましょう。

洗面所と洗面台のまとめ

いかがでしたでしょうか?

洗面所と洗面台について取り上げてみました。

洗面所と洗面台の基礎知識を理解すると今後のリフォームの参考となると思います。

 

今回の記事で洗面所と洗面台のリフォームについて理解した方は、

是非ともリフォームメーカーのショールームに足を運びましょう。

また、わたしたち沖縄リフォームメーカーのアドバイザーに気軽にご連絡ください(^^ゞ
沖縄リフォームセンターは、 『那覇、浦添、宜野湾、中城、北中城、西原、沖縄、うるま、読谷、石川』 等広範囲で対応しております。

沖縄の中北部でリフォームをお考えのお客様。お客様のお問い合わせをお待ちしております。

お問い合せはこちら

沖縄リフォームセンターについて『沖縄リフォームセンター会社案内

こちらの記事もあわせてどうぞ。

リフォーム知って得する3つのポイント

沖縄おすすめリフォーム会社の選び方。おすすめポイント5つ。

沖縄のリフォーム。見積もりに関して。

本日のリフォームアドバイザーの報告は以上です(^^ゞ

沖縄リフォームセンターグループhttp://www.orcg.net/

沖縄リフォームセンター業務内容

解体工事、防水工事、塗装工事、コンクリート爆裂・亀裂補修工事、足場工事、内部木工事、建具工事、内部軽鉄工事、クロス工事、アルミ工事、ガラス交換、ステンレス工事、タイル工事、瓦工事、サニタリー工事、ユニットバス工事、階段工事、スロープ工事、手摺り工事、フェンス工事、鉄骨工事、コンクリート工事、型枠工事、左官工事、造園工事、土木工事、電気工事、水道工事、設備工事、フィルム工事、はつり工事、住宅リフォーム、アパートリフォーム、マンションリフォーム、リノベーション工事、バリアフリー工事、二世帯住宅リフォーム工事、増築工事、テナント改修工事、サイン工事、伐採工事、造成工事、擁壁工事、基礎工事、躯体工事

沖縄リフォームセンター取扱メーカー

リクシル、パナソニック、TOTO、INAX、NODA、タカラ、クリナップ、AICA、タキロン、3M、ニトリ、YKK、三和、トステム、シンコール、サンゲツ、リリカラ、タジマ、DAIKEN、永大産業、美和ロック、ユニオン、オーデリック、タチカワブラインド

沖縄リフォームセンター対応エリア

那覇・浦添・宜野湾・西原・中城・北中城・沖縄・うるま・読谷

その他エリアも対応しておりますのでご相談ください。


大きな地図で見る

会 社 沖縄リフォームセンター
サイト運営責任者 大城 正明
資格 建築士免許、土木施工管理技士免許
HPトップ 沖縄リフォームセンター
住 所 〒901-2131 沖縄県浦添市牧港2-8-3タテルマンビル103
アクセス 牧港交差点より徒歩10分
電話番号 098-988-8360
FAX 098-988-8361
お問い合わせ メールフォーム

 - リフォームの基礎知識 , , ,

  関連情報

2世帯住宅のリフォーム
沖縄のリフォーム、費用について その1。

沖縄リフォームセンターはリフォームを、 「家族のよりより未来の住まいを実現するた …

バリアフリーリフォームのローン型減税について

バリアフリーのローン型減税についてご説明致します。 そもそもリフォームのローン型 …

気になるキッチンのレイアウトについて。

I型キッチン シンク、冷蔵庫、加熱調理機器を1列に並べたキッチン。最も基本的で、 …

沖縄のリフォーム、口コミについて

沖縄のリフォーム、口コミに関して。 今回のブログでは、沖縄のリフォーム口コミに関 …

タンクレストイレorタンク式トイレについて。

これから沖縄でトイレのリフォームを行う方の参考になるように、 タンクレストイレと …

クロス(壁紙)リフォームの失敗しない3ポイント

今回は、クロス(壁紙)のリフォームで起こりがちな残念ポイントを例にクロス(壁紙) …

キッチンのタイプ別紹介。沖縄でリフォームをお考えの方へ。

今回取り上げる記事は、リフォームでも施工依頼が多いキッチンについて ブログで紹介 …

【沖縄のリフォーム費用】目的別費用について。

こんにちは!! 沖縄リフォームセンターブログ担当です。 今回のブログは、リフォー …

投資型減税(ローン借入れの有無にかかわらず利用できる減税)について

リフォームと減税に関して、 前回『バリアフリーリフォームのローン型減税について』 …

沖縄でエクスリアのリフォーム。

エクステリアとは エクステリアとは、家の「外周の空間」のことをいいます。門やフェ …

無料お問い合わせ・ご相談
無料お問い合わせ・ご相談