沖縄リフォームセンター Reform Company

沖縄でリフォームといえば、沖縄リフォームセンター

沖縄リフォーム
  • 無料相談
  • 当社取り扱いメーカー一覧
  • リフォームの知って得する3つのポイント
  • 無料相談
  • 当社取り扱いメーカー一覧
  • リフォームの知って得する3つのポイント

沖縄で浴室のリフォーム。5つの基礎知識をご紹介します。

      2015/12/28

浴室リフォーム
こんにちは。

沖縄リフォームセンターブログ担当です。

これから浴室のリフォームをお考えのあなたのために、

浴室リフォームの基礎知識をまとめました。

以下目次となります。

  • 浴室の広さについて
  • 浴室のリフォームは現場施工orユニットバスのどちらを選ぶか
  • 浴槽のリフォーム種類を理解する
  • 浴槽のリフォーム素材について
  • 浴室に機能性をもたせよう

浴室の広さについて

浴室の広さには、主に3種類の浴室の広さタイプがあります。

0,75坪・1坪・1,25坪の浴室タイプがありますのでその特徴を説明していきます。

0,75坪の浴室タイプ

120cmの浴槽が利用できる広さです。

0,75坪タイプは、浴室の洗い場が少し狭い印象です。

1坪の浴室タイプ

140cm-160cm×80cm-100cmサイズの浴槽が利用できます。

0,75坪の浴室タイプと比較して広々とした利用ができるタイプです。

1,25坪の浴室タイプ

1坪タイプと同様の140cm-160cm×80cm-100cmサイズの浴槽が利用できます。

1,25坪タイプは、浴室の洗い場が非常に広々と利用できます。

浴室のリフォームは現場施工orユニットバスのどちらを選ぶか

現場施工

現場施工の浴室は、浴槽・水栓金具・タイル・天井・壁・床などを自由に組み合わせて、理想の浴室をつくり上げます。カスタマイズして、自分が望む理想の浴室を実現できます。浴室のデザインにこだわりがある、タイルは、好きな柄を取り入れたい、浴槽は自分が希望するものを設置したいなど理想の浴室が決まっている方におすすめのタイプです。

但し、現場施工タイプの浴室は、自由にカスタマイズして作成するため、完成までに時間がかかります。そのため、施工期間は余裕を持って確保しましょう。また、カスタマイズを行うため、費用が高くなる場合があります。

ユニットバス

ユニットバスは、すでに完成された形で各メーカーからパッケージとして提供されているタイプの浴室です。浴室の知識が少ない方でもリフォームメーカーのパンフレットやショールームでユニットバスを比較検討することで、自分が望んでいる浴室を見つけることが出来るでしょう。ユニットバスは、パッケージとして販売されているタイプの浴室なので、現場施工タイプのように、浴室をカスタマイズすることができません。但し、ユニットバスで使う浴室のパーツは決まっていて、現場で容易に組み立てることができるため、リフォーム施工にかかる時間を短縮できます。また、このタイプの浴室は保温性や防水性に優れています。さらに、ユニットバスは、目地が少ないため、掃除がしやすいです。

浴槽のリフォーム種類を理解する

和式の浴槽

和式の浴槽のサイズは、長さが約80-120cm、深さが約60cmです。

和式の浴槽は、深さがあり肩までじっくりと浸かりたい方におすすめです。膝を体育座りのように折り曲げて入るタイプです。

このタイプの浴槽は、日本人に馴染みがある旧来の浴槽タイプと言えます。

洋式の浴槽

洋式の浴槽は、幅が約120-180cm、深さが約45cmです。

このタイプの浴槽は、幅があるため足を伸ばして、リラックスした状態で、浴槽に浸かることができます。洋式の浴槽は浅く、体を倒した状態で浸かるため、起き上がるときに注意が必要です。高齢の方のために、浴室に手すりなどバリアフリーの補助具を設置することをおすすめします。

和洋折衷式の浴槽

和洋折衷式の浴室は、幅が約110-160cmで深さは約60cm程度で、和式・洋式タイプのイイトコどりの浴槽で、最近の浴槽タイプの中でも人気が高いです。和式タイプ・洋式タイプどちらにしようか決断ができない方は、このタイプの浴槽を選ぶことをおすすめします。

浴槽のリフォーム素材について

ほうろう(ホーロー)

ほうろう(ホーロー)には、2種類のタイプがあります。2種類とは、鉄板のほうろうと鋳物のほうろうです。このタイプは、ガラス質のためなめらかな肌触りで、色もきれいです人気があるタイプです。鋳物のほうろうは、厚みをおびた素材でできているので、耐久性に優れています。ただし、ガラス質の部分に傷がついてしまうと、錆びてしまう恐れがあります。サビが発生する前に、リフォームでメンテナンスをするとよいでしょう。

このタイプは、重量がかなりあるため、2階での設置が難しく1階での利用が多いです。

ステンレス

ステンレス浴槽は、昔から馴染みがあり長年愛用しているご家庭も多いタイプです。この浴槽の特徴は、なんといっても耐久性があり、保温性に優れている点です。ステンレス素材は、傷にも強く、浴槽の点滴サビにも強いです。ステンレスタイプは、費用もお得なのが根強い人気の秘訣でしょう。

FRP(エフアールピー)

FRP(エフアールピー)の浴槽も最近人気があります。FRPとは、ガラス繊維で強化されたプラスチック(fiber glass reinforced plastic)の事を意味します。FRP (エフアールピー)は浴槽素材の中でもかなりスタンダートな素材で、人気があります。この素材は、樹脂素材でできているため、肌触りが良くて、保温性にも優れています。配色も豊富にえらぶことができるため、根強い人気があります。また、FRPは浴槽についた汚れも落としやすいことも特徴的です。

人工大理石

人工大理石は高級感がある素材でできています。上質な浴室に仕上げたい方に人気があります。人工大理石の浴槽は、ポリエステル系とアクリル系の二種類のタイプがあります。

ポリエステル系は、肌触りがよく保湿性に優れています。一方、アクリル系は、しっかりしている素材なため耐久性に優れています。

ポリエステル系はアクリル系と比較して費用が割安です。耐久性にも優れているため、メンテナンスをしながら長年使用出来るタイプの浴槽素材といえるでしょう。大理石でバスタブをリフォームすると上質な入浴を楽しめるでしょう。

浴室のリフォームメーカーを選ぶ

浴室のリフォームは、TOTO・LIXIL・パナソニック等さまざまなメーカーが浴室商品を提供しています。

そこで、どのメーカーの商品がよいか迷うかも知れません。そんな時は、まずは各メーカーの商品を展示・紹介しているショールームに足を運びましょう。

きっとショールームで浴室の見学をすることで、どのメーカーの商品が良いかイメージがわくでしょう。

まずは、実際の商品を見にリフォームのショールームに来店することをおすすめ致します。

浴室に機能性をもたせよう

浴室にバリアフリーの機能を備えつけると、高齢の方でも安心して浴室を利用することが出来るでしょう。

高齢の方は、浴室での転倒等の事故がおこると大変です。

介護保険制度でバリアフリーのリフォームもお安く出来る可能性もありますので、

ケアマネージャーに相談してバリアフリーの費用を確認して『浴室のバリアフリー』を検討してみましょう。

沖縄で浴室リフォームをお考えの方はご相談ください

いかがでしたでしょうか?

浴室のリフォームについて、5つの基礎知識をご紹介しました。

 

浴室は、メーカーごとにデザイン性、機能性が違いますので、

じっくりと比較してどのタイプの浴室が良いか確認しましょう。

 

お住まいの住宅の広さや条件によって、利用できる浴室のリフォームタイプがありますので

浴室のリフォームに関して気になる方は沖縄リフォームセンターまでご相談ください。

 

これから、リフォームをお考えのお客様は、是非とも沖縄リフォームセンターまでお問い合わせくださいね(^^)

沖縄リフォームセンターは、 『那覇、浦添、宜野湾、中城、北中城、西原、沖縄、うるま、読谷、石川』 等広範囲で対応しております。 沖縄の中北部でリフォームをお考えのお客様。お客様のお問い合わせをお待ちしております。

お問い合せはこちら

沖縄リフォームセンターについて『会社案内

こちらの記事もあわせてどうぞ。

リフォーム知って得する3つのポイント

沖縄おすすめリフォーム会社の選び方。おすすめポイント5つ。

沖縄のリフォーム。見積もりに関して。

本日のリフォームアドバイザーの報告は以上です(^^ゞ

沖縄リフォームセンターグループhttp://www.orcg.net/

沖縄リフォームセンター業務内容

解体工事、防水工事、塗装工事、コンクリート爆裂・亀裂補修工事、足場工事、内部木工事、建具工事、内部軽鉄工事、クロス工事、アルミ工事、ガラス交換、ステンレス工事、タイル工事、瓦工事、サニタリー工事、ユニットバス工事、階段工事、スロープ工事、手摺り工事、フェンス工事、鉄骨工事、コンクリート工事、型枠工事、左官工事、造園工事、土木工事、電気工事、水道工事、設備工事、フィルム工事、はつり工事、住宅リフォーム、アパートリフォーム、マンションリフォーム、リノベーション工事、バリアフリー工事、二世帯住宅リフォーム工事、増築工事、テナント改修工事、サイン工事、伐採工事、造成工事、擁壁工事、基礎工事、躯体工事

沖縄リフォームセンター取扱メーカー

リクシル、パナソニック、TOTO、INAX、NODA、タカラ、クリナップ、AICA、タキロン、3M、ニトリ、YKK、三和、トステム、シンコール、サンゲツ、リリカラ、タジマ、DAIKEN、永大産業、美和ロック、ユニオン、オーデリック、タチカワブラインド

沖縄リフォームセンター対応エリア

那覇・浦添・宜野湾・西原・中城・北中城・沖縄・うるま・読谷

その他エリアも対応しておりますのでご相談ください。


大きな地図で見る

会 社 沖縄リフォームセンター
サイト運営責任者 大城 正明
資格 建築士免許、土木施工管理技士免許
URL http://www.orcg.net/
住 所 〒901-2131 沖縄県浦添市牧港2-8-3タテルマンビル103
アクセス 牧港交差点より徒歩10分
電話番号 098-988-8360
FAX 098-988-8361
お問い合わせ メールフォーム

 - リフォームの基礎知識 , ,

  関連情報

改善ポイントを押さえて、水回りリフォーム!

あなたが掃除をしていて、大変な場所ってどこですか? 私の場合、水回りの掃除がなか …

防水塗装のチェックはお済みですか? 沖縄でリフォーム診断。

こんにちは! 沖縄リフォームセンターブログ担当です。 突然ですが、住宅の防水塗装 …

沖縄でリフォーム。おすすめのトイレメーカーを選ぶための7つのポイント。

これからトイレのリフォームをお考えのあなた。 このブログに辿り着いたという事は、 …

沖縄で階段リフォームを行う方へ。

家の階段を見直そう 階段は、家の中でも転倒によるケガや事故の発生する可能性の高い …

3D画像とは?未来のマイホームを画像で確認頂けます。

未来のマイホーム、理想のマイホームを実現するサービス。3d画像。 沖縄リフォーム …

沖縄のリフォーム
【沖縄のリフォーム費用】に役立つローン。

沖縄でリフォームをこれから行おうと検討している。 しかし、予算の確保が難しい。 …

気になるキッチンのレイアウトについて。

I型キッチン シンク、冷蔵庫、加熱調理機器を1列に並べたキッチン。最も基本的で、 …

タンクレストイレorタンク式トイレについて。

これから沖縄でトイレのリフォームを行う方の参考になるように、 タンクレストイレと …

2世帯住宅のリフォーム
沖縄のリフォーム。見積もりに関して。

沖縄でリフォームをはじめる前に、まずは見積もりを取って 沖縄のリフォーム施工にど …

投資型減税(ローン借入れの有無にかかわらず利用できる減税)について

リフォームと減税に関して、 前回『バリアフリーリフォームのローン型減税について』 …

無料お問い合わせ・ご相談
無料お問い合わせ・ご相談